38歳のシンママが婚活サイトから出会い系にシフトした理由

私を探してください

クリスマス、お正月が終わると、次のイベントはバレンタインデーですね。でも私には早く過ぎ去って欲しいだけ。チョコレートを渡す彼氏がいないどころか、義理チョコだってご無沙汰してるんですもの。2年前に36歳で会社を辞めて、それからは在宅ライターの仕事をしているので、出会いの場なんて全くないのです。

 

 

18歳でデキちゃった婚。22歳で離婚。ずっとシングルマザーで育ててきた息子は大学生になりました。今は東京を離れて関西でアパート住まいしています。仕送りが足りない分は実家に助けてもらっているけれど、やっと独り暮らしの自由ができました。

でも世間が家族やカップルで過ごすイベントデーは寂しさ全開。このままアラフォーになるのは絶対イヤで、一緒に楽しんでくれるパートナーを見つけなきゃと焦りが出るのです。

 

 

もうひとつ焦っているのは身体のこと。生理の周期が乱れるようになって、もしかしたらプレ更年期? 女性ホルモンが低下すると一気に老けるっていうし、女性ホルモンを出すためには定期的なエッチが必要だと聞きました。

会社にいたころは取引先の営業さんと不倫していたのですが、退職と同時にさようなら。私より8歳下の後輩に乗り換えたらしいです。妻子がいるくせに二股かけていたとはね。

 

 

それからは婚活サイトに登録して、お相手探しに頑張りました。アラフォーでも写真を登録したらアプローチがいっぱいあって、10人ぐらいとメールのやり取りやデートをしました。私って地味めな顔をしてるので、敷居が低く見えるみたい。70歳のおじいさんから猛アタックされたこともあります。

 

ネットだけでなく、離婚経験者のお見合いパーティーにも参加しましたが、マッチングが成立しても長続きしないんですよね。年収や仕事といった条件だけで選んだ相手だと気乗りしなくて、キスさえ楽しくなかったりします。

 

私は雰囲気が真面目そうに見えるけど、けっこう中身は淫乱なんです。相手に望むいちばんの条件は一緒に燃えて、キモチよくさせてくれる人。エッチが上手なら年下でも構わないのが本心です。

 

 

もう贅沢を言ってる場合じゃない。今年こそは相性のいいパートナーを見つけようと、出会い系サイトにシフトすることにしました。婚活サイトと違って既婚者がいっぱいいると聞きましたが、それでも構わないと思います。過去の経験から不倫には慣れてるし、とにかく今は女性ホルモンを全開にしてくれる人に出会ってときめきたい。

 

私と同じようにパートナーを探したい女性のために、そしてシンママ歴が長い女の願望を知りたい男性のために、これから体験談を書いていきたいと思います。

私を探しにきてください