人妻のオナニーを撮影するトラック運転手の女釣り掲示板(前編)

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX ハッピーメールバナー

このあいだ上野のホテルでエッチしてから、一週間な~んにもない私。

亭主は今夜、飲み会で遅いっていうし、すぐ逢える男を探して、ハピメでおとなの掲示板をチェックしました。ガテン系でマッチョで、大きい!っていう32歳、「俺のフェラーリ」が気になるなる~。

「雨だけど今からあえる子!車だからどこでもイケるよ」ってことは、まさかアメフトの選手がフェラーリで迎えに来てくれんの?

 

 

「30分でこられる?」と、うちの近くの駅名を書いたらソッコーで返事が来ちゃった。

「10分で行くよ」だってさ、はやっ!

「私は赤いTシャツにミニスカートを履いてます」と服装を教え、簡単に化粧して家を出ました。

台風が近づいているせいで、風は強いし雨が斜めに降ってくる。歩道にまで水を跳ね上げて走る車にムカついてたら、斜め後ろからファ~~ン!とクラクションが鳴りました。

なによっ!!!

すると私の横で大型トラックが止まって、運転席から男が手を振ってます。

Taku
mayumayuちゃん? 俺だよ、ハピメのマッチョマン!
Mayu
うそっ!!

 

俺のフェラーリとやらはデコトラで、アメフトの選手(の予定だった)は新潟から来たフリードライバー。今日は早く荷下ろしが終わったので、暇つぶしにハピメで遊んでたんだって。

 

Taku
濡れてびしょびしょじゃーん、とりあえず乗って

 

たじろいでいる私を半ば強引に助手席に乗せると、彼は煙草をグリグリッと灰皿で消して、ハンドルを回しながら自己紹介を始めました。名前はTaku。バツイチ、1人暮らし。パチンコ屋の店員から長距離トラックドライバーになって3年目だそうな。親が亡くなって、残してくれた貯金をはたいてトラックを買ったっんだって。

 

 

ベラベラと下らない話をしながら、どこへ向かっているのか、1時間ぐらい幹線道路を走りました。

Taku
コーヒー飲もっか。どっかこのへんに、ファミレスない?
Mayu
さ、さあ?

 

やだ、ファミレスなんて。それにコイツ、汗臭いしヤニ臭い。顔は脂ぎってギラギラしてるし、頭も悪そう。

Taku
おー、ロイホがあった

 

駐車場の端にトラックを止めて、小走りでファミレスに駆け込む背中を、仕方なく私も着いていきます。喫煙席に股をドカッと開いて座り、ウェイトレスを呼びつけました。

Taku
mayumayuちゃんもコーヒーだよね。お姉さーん! アイスコーヒー2個ね

 

そしてTakuはベラベラと仕事の話やらトラック仲間の話をしているんだけど、私は聞く気力も失せて、早く帰りたいとしか思えないっつーの!

Taku
でね、ほいでね、、、
Mayu
あのさー、私そろそろ。もう遅いし
Taku
えっ、帰んの? まだ会ったばっかじゃん
Mayu
さっき雨に濡れて、なんか寒気がするんだよね

 

そりゃ大変だと立ち上がったTakuは会計を済ませ、私たちはトラックに戻りました。

エンジンをかけて、ギアを入れると思った瞬間、Takuは私を引き寄せて無理やりキスしてきます。

ねちっこい舌に唇がこじあけられて、コーヒーと煙草のヤニが混じった唾液を流し込まれて・・・うう、うう・・・

 

Taku
mayumayuはオナニー好き?
Mayu
やだ、いきなり何なの・・・
Taku
黙ってるってことは、好きなんだね

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX ハッピーメールバナー

 

Mayu
しないわけじゃないけど、そんなには・・・
Taku
オナニーして見せてよ。そしたら家まで送るからさ
Mayu
駐車場でぇ!? 外から見えるじゃん!
Taku
トラックは車高があるから平気だよ? 新潟のド田舎から来た運ちゃんに、東京のキレイなお姉さんがヨガってるとこを見せてよ

 

また煙草に火をつけて、運転席にふんぞり返ったTakuは、リモコンでカーナビのテレビをつけました。

映ったのは人妻がバイブでオナニーをしている動画。私と年の近い女が恥ずかしそうに顔を隠して、あっ、アアーッと、嗚咽のような声を上げています。

 

Taku
これさ~、俺が撮ったんだよ
Mayu
へっ!

 

Taku
このあいだ福岡に行ったとき、ハピメの掲示板に書きコしてさ。今すぐ会ってオナニーを見せてくれる人って募集したら、この女から返事がきたんだ

 

画面の人妻は、バイブを突っ込んでいる二枚貝を指で開いて見せながら、うるんだ目でこちらを見つめています。ブオーンというモーター音と、クチャクチャクチャと汁があふれる音。アン、アン・・とだんだん甲高くなるヨガリ声。

 

 

Taku
mayumayuのアソコ、濡れてきたんじゃない?

 

こんな下衆なオトコにオナニーしてるのを見せるなんて!・・と、気分が不快になればなるほど、クリトリスが固くなっていくのが不思議です。う~ん、指でしごいて肉芽をつまみたい・・・

 

Taku
パンツ脱いで、座席でM字開脚してみな

 

言われるがままにパンティを下ろし、パンプスを履いたまま、シートの上で股を広げました。

いつの間にかTakuさんは車のエアコンを切っていて、蒸し暑い車内に私のオマ〇コの獣臭が充満していきます。

Mayu
は、恥ずかしい・・このニオイ。オマ〇コが裾ワキガ?

 

するとTakuは顔を股の間に入れてきて、クンクンと鼻を動かすのです。

Taku
いいよ、とてもいいよ。mayumayuのオマ〇コ、臭くて最高だ・・・。ほら、自分で指を入れなよ

 

人差し指、中指、薬指と、だんだん突っ込む指の本数が増えていき、ジュポジュポと出し入れする音が、よどんだ湿気の中に響きます。

Mayu
あー、いく・・いっちゃう・・

 

汗だくになって果てたところに、エアコンの涼風がサーッと流れてきました。

Takuはトラックのエンジンをかけ、下半身丸出しの私を隣に載せたまま、幹線道路へと入っていきます。

 

 

Mayu
やだ、このカッコで帰れっての?

 

慌てて床に落ちたパンティを探している私を、Takuさんはフフッと笑いました。

Taku
まだ履かなくていいよ。これからホテルにいくんだからさ

 

うそっ、今からホテルでエッチだなんて、そろそろ亭主が帰ってくる時間なのに・・・

こんな淫らなことして帰ったら、絶対にバレちゃう。

家とは反対方向へ走っていくトラックの中、カーナビのテレビではまた別の女性が股を広げてオナニーしています。

私も彼女たちと同じように落ちていくのかな・・・

雨はますます本降りになってきました。

 

後編に続く

私が使っているサイトはコチラ