童貞の専門学校生を筆おろし。水族館デートのあとにラブホで手ほどき(後編)

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX ハッピーメールバナー

押しの強さに負けて、池袋で待ち合わせたのは19歳の専門学校生。

PCMAXで常に熟女を探しているという童貞のHarutoくんでした。

サンシャイン水族館のクラゲを見ているうちに、ジーンズの中に射精してしまい、私とラブホに行きたいと懇願します。

池袋は得意じゃなくて、ホテル街がどこにあるのか分からないのだけど、Harutoくんがすぐにスマホで調べました。駅の反対側へ行き、芸術劇場の近くにあるデザイナーズホテルみたいな建物に入ります。3時間休憩が7,300円の部屋を選んでエレベーターに乗ったとたん、彼は力いっぱい抱きしめてきました。

 

 

また射精しちゃうのじゃ?と思うほど局部をぴったりと密着させて、ハアハアと荒い息をしています。

Kumi
Harutoくん、まだよ。お部屋に入ってからね
Haruto
ご、ごめんなさい

 

部屋に入り、ジャケットを脱いでノースリーブのニットになると、今度は手を伸ばして二の腕を撫でてきます。

no name
気持ちイイです。スベスベして、ひんやりして、すごく柔らかくて・・・、電車の中でノースリーブの女の人を見るたびに触りたくてたまらなかったんです

 

Harutoくんの指がそのまま脇を通って、乳房を掴もうかどうか迷っています。

私はニットの裾をつまんで、首までたくし上げました。

Kumi
脱がしてくれる? ブラのホックも外して
Haruto
は、はいっ!

 

不器用な青年の指がなんとかニットを引き抜き、後ろのホックを外すことに成功すると、ストラップレスブラがポトリと床の上に落ちます。

解放感を得て、ぷるんと揺れた乳房にHarutoくんがむしゃぶりついてきました。乳首が痛くなるほど吸い付いて、まるでお母さんのオッパイを欲しがる赤ちゃんのようです。

彼を抱えたまま私は後ずさりしてベッドに倒れ込み、Harutoくんのジーンズのボタンに手をかけました。さっき水族館でパンツの上からなぞった若い陰茎が、またカチカチに大きくなっています。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX ハッピーメールバナー

 

Kumi
全部脱いで👖

 

彼は大慌ててジーンズとパンツを一緒に脱いで、私の身体に乗ったとたん、

Haruto
あっ

 

黒いスカートの上にミルク色の精液がピューッと飛び散りました。青草のニオイが部屋の中に漂って、私は枕元のティッシュケースを探します。

 

Haruto
ダメですっ! 僕、早漏で・・・
Kumi
ふふ、今日が初めてなんでしょ。すぐ出ちゃうのは当然よ 

 

偉そうなことを言いながら、私だって童貞くんの筆おろしをしたのは初めて。男根としてラブホデビューした股間のヒーローが愛おしくて、お口でお掃除してあげることにしました。亀頭をぺろりと一周なめて、唇をすぼめて含んだら、陰茎の根元まで奥深く呑み込んでいきます。

首を上下に動かしながらHarukiくんの顔を見ると、目を閉じてひたすら耐え忍んでる様子です。

Kumi
また大きくなるのが恥ずかしいのね 

 

私は身体をずり下げ、ふぐりを唾液まみれになるまで舐めると、睾丸を舌でグリグリ転がして、蟻の戸渡りから肛門までツツーッと舌先を這わせます。

Haruto
kumikumiさん、欲しい・・・
Kumi
ふふ
Haruto
お願いです、入れたいです
Kumi
分かってないのね。入れるんだったら、Harutoくんもお口でしてくれなくちゃ

 

どうしてA型の生真面目な私がこれほど大胆になれるんでしょう。シックスナインの体位になり、Harukiくんの顔にトロトロになったオマ〇コを擦りつけました。オナニーするように腰を振り、彼の唇の上で私の熱い花唇がねちゃねちゃと撚れています。

Haruto
僕、ホントにバカです!また、イッちゃう

 

え、ダメよ、今度こそ私の中でイッてくれなくちゃ。

急いで前後の向きを変え、爆発寸前の肉棒にオマ〇コを一気に突き刺します。彼は私の腰を掴んでズゴッ、ズゴッと突き上げると「ウググッ!」と濁った声を上げ、白い粘りが膣内にぶちまけられたのを感じました。

ああ~美味しい。中に出されるのって、下のお口が美味しい。

 

 

この後は一緒にシャワーを浴びて、休憩タイムが終わる10分前に部屋を出る予定だったのですが、私がブラを着けているのを見たHarutoくんがまた襲ってきました。お互い下半身だけ出して、今度はさっきよりも長く腰を動かします。

 

1時間の延長で部屋を出て、私たちは恋人同士のように腕を組んで駅まで歩きました。

次はHarutoくんのアパートに行って、夕ご飯を作ってあげる約束までしちゃった。

PCMAXでまさかこんな出会いがあるとは思いもよらず、お母さんの歳の私が少女のようにときめいています。

 

私が使っているサイトはコチラ