女性向け性感マッサージで失禁したあとに彼からのご褒美

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX ハッピーメールバナー

アラフォーの女体って自分では制御できなくなるほど、やりたくてたまらないときがあるんです。

このあいだは19歳の童貞くんを何度も射精させてあげたのに、私は欲求不満を引きずったまま。PCMAXのAV動画を見て一人エッチしてもなかなかイケません。

熟練した男性のおもちゃにされたくて、48歳の会社役員Kazuyaさんを思い出しました。夜の日比谷公園で、見知らぬ超熟カップルと4Pしたときのお相手です。

私のことをワンナイトラブとしか思ってなかったら悲しいけれど、勇気を出してLINEしてみたら、すぐに返事がきました。

Kazuya
連絡してくれてありがとう。どうしてるかなと思ってたんだ
Kumi
お仕事お忙しい?
Kazuya
明日は朝から韓国に出張でね。今夜は空港のそばのホテルに泊ってるんだよ。良かったら、来ない?
Kumi
えっ、今から?
Kazuya
ルームサービスを取るから、ワインでも飲もうよ

 

時間は夜8時を回っているけれど、誘われたのがすごく嬉しくて、急いでお泊りセットの用意をして家を出ました。
浜松町からモノレールに乗って羽田空港へ。家路を急ぐ人たちと逆の流れで歩くのは、冒険が始まるみたいでワクワクします。

 

 

空港に隣接したホテルに入り、エレベーターに乗って客室へ。ドアチャイムを鳴らすと、Tシャツ姿のKazuyaさんが「やあ」と迎えてくれました。

窓から滑走路が見える部屋はベッドサイドだけの照明をつけて、テーブルの上には冷えた白ワインの用意ができています。

2度目の逢瀬を祝して乾杯。一週間前に野外セックスをした光景が頭に浮かびますが、そんな話題は全く出ないまま、雑談で時間が過ぎていきます。

今夜はこのまま寝ちゃうの? それとも何かサプライズを用意している? 

 

じれったさが高まったとき、静かにドアチャイムが鳴って彼が迎えに出ました。髪を後ろにひっ詰めた白のパンツルックの女性が入ってきて、2人で何やらヒソヒソ話しています。

Kazuya
身体が凝っててね、マッサージさんを呼んでたんだ。2時間予約しておいたから、君もやってもらうといいよ。ライター業は肩こりがひどいんじゃない?
Kumi
えっ、私も?

 

お先にどうぞと言われて、私は浴衣に着替えてベッドに横になりました。

「どのへんを中心に揉みますか?」
「そうですね、肩と背中が凝っているのでお願いします。」

マッサージさんは60歳ぐらいの痩せた小柄な女性。うつ伏せになった私の足から、慣れた手つきで揉んでいきます。

ホテルの部屋でマッサージを呼ぶなんて、以前不倫をしていた頃にお泊りしたとき以来で、あまり経験のない私。それなのに変だなと思ったのは、肩と背中が凝っていると言ったのに関わらず、なぜか下半身ばかり揉んでいることです。

1時間揉んでもらうのって、こんなにゆっくりなのかしら?

眠くなってきて目を閉じていると、ふくらはぎから太ももまで上がってきたマッサージさんの手が、えっ、パンティの中まで入ってくる・・・

繊毛動物のように細かく動く指が、私の陰唇をさすり始めました。まさか、性感マッサージ!?

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX ハッピーメールバナー

 

女性にアソコを触られるなんて初めての経験で、どう反応したらいいのか分かりません。振り向くのが恥ずかしくて耐えていたら、彼の声が聞こえてきました。

Kazuya
ダメ?感じない?
Kumi
え・・・・!

 

なんと私のオマ〇コに指を入れているのは、彼とマッサージさんの2人。どうりで動かし方が激しいわけです。

Kazuya
う~ん、蜜が美味しいねぇ

 

愛液でヌルヌルになった指を舐めると、Kazuyaさんはマッサージさんに目で合図を送りました。私の股間に頭を埋めて、彼女がピチャピチャと舌を差し込んできます。

花弁を開いてクリトリスを探しあてると、Kazuyaさんの指と彼女の舌先が敏感な肉芽をもてあそび、恥ずかしい飛沫が飛び始めました。

Kumi
あ・・やだ・・・ダメっ・・・

 

おしっこが出る穴のあたりを集中攻撃されたおかげで、熱いものが堰を切ったように流れ出します。快感と痛感が交互に湧き起こって、流れるものを出し切るまで止められません。

は、恥ずかしい・・・・・

ぐっしょりと濡れたベッドから、Kazuyaさんとマッサージさんは、私の身体を抱えて端に移動させました。

 

いつの間にか2人とも素っ裸になっていて、マッサージさんの萎びたオッパイをKazuyaさんが吸っています。そしてチ〇コを一気に挿入すると彼女を抱えて立ち上がり、駅弁スタイルで激しく腰を動かし始めました。

「当たる~、子宮に当たる~」と熟女の低い雄叫びが部屋に響き、Kazuyaさんはそのお尻を窓ガラスに押し付けます。滑走路に着陸する飛行機のライトに照らされて、愛を歓わす2人のシルエットを見ているうちに、私には嫉妬めいた感情が芽生えてきました。

 

 

放っておかれるのが悲しくて、あんな痩せて醜いオバサンに負けるのが悔しくて、後ろからKazuyaに抱きつきます。

Kumi
お願い、やって。私にもやって!

 

ニヤリと笑った2人が動きを止め、Kazuyaはパンパンに雁首をもたげたチ〇コを抜き出しました。

Kazuya
ひざまづきなさい

 

膝をつき、首を上げて待っていると、マッサージさんが激しくしごく陰茎が極限の太さに達して、白濁したスペルマが私の顔に降りかかります。目にも鼻にも、そして口にもドロドロの液体が飛び散り、あまりにも興奮しすぎた私の膣肉は痙攣が止まりません。

Kumi
ひぃ~~・・イク~~ッ!!!

 

なんて切ないセックス。入れてないのに、めちゃくちゃイキまくってしまった・・・

 

「シャワーをお借りしますね」

マッサージさんはきっちりと2時間の仕事を終えて身体を洗うと、次のお客が待っているからと部屋を後にしました。

甘えたい気持ちがいっぱいで、彼の腕に抱かれてベッドに入った私は少女に戻った気分。顔にかかるイビキがうるさくて眠れなかったけれど、また必ず会いたいと思ってしまうお相手になりました。

 

私が使っているサイトはコチラ