ピンクローターを遠隔操作・・高層エレベーターでホテルのバーへ(前編)

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX ハッピーメールバナー
Kazuya
韓国のお土産を渡したいんだけど、明日会える?

 

出張から帰ってきた会社役員のKazuyaさんからLINEがありました。彼からは宿題を出されています。それはピンクローターの使い方をマスターすること。スマホにアプリを入れて操作するさくらの恋猫 KOROKORO です。

 

自分の声に合わせて振動の強弱がつくボイスモードが気に入って、一人エッチがずいぶん上達しました でもKazuyaさんが計画しているお楽しみは、私のアソコに入れたローターを遠隔操作することなのです。

Kazuya
例のローターも忘れずにね
Kumi
はい、充電していきます

 

 

翌日の待ち合わせは、新宿パークハイアット東京のエントランス。上層のロビー階で待ち合わせじゃないのには理由がありました。

Kazuya
あれ、入れてきた?

 

私はうなづいてKazuyaさんにスマホを渡します。アプリでピンクローターの動作を確認したら、高層階用のエレベーターに向かいました。アメリカ人らしき中年カップル一組といっしょに乗って、41階のピークラウンジまで上がります。

 

 

私はカップルのすぐ後ろに立つように指示され、エレベーターの隅にはKazuyaさん。ドアが閉まったとたん、すぐに膣に収まったローターが振動を始めました。かすかなモーター音が響いて、前の2人は不思議そうにキョロキョロしています。

振動パターンがシェイクになって、強さと振動音がアップ。ああ、明らかに私から音が出ているのが分かっちゃう

 

カップルは何やらヒソヒソと話して、男性がこちらを振り向いてニヤリと笑いました。うそっ、アメリカ人もローターを使うのかしら?

あとでKazuyaさんが教えてくれたのですが、ハリウッドには世界一の規模を誇るアダルトグッズショップの「ハスラー」があって、観光名所になっているんだとか。

これまでに200万個売れたというメイドイン・カナダの世界最高のカップル用バイブレーター「We-Vibe Sync -シンク-」も販売しているみたいです。

 

Man

Have a nice time

冷やかすようにウインクして、カップルはエレベーターを降りていきました。私たちはさらにエレベーターを乗り換えて、52階のニューヨークバーへ。

窓際の席に通される間もオマ〇コに挿入したローターは振動を続け、絶妙な強弱の加減に、私はまっすぐ歩けません。大丈夫ですか?と聞いてくるウェイターに、Kazuyaさんは笑って答えます。

Kazuya
彼女はね、ちょっと高所恐怖症気味なんですよ。でも平気、すぐ慣れますから

 

 

椅子を引かれて座ろうとすると、ローターの動きがいきなり激しくなりました。

Kumi
ああっ、ダメッ!そんなのダメ!

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX ハッピーメールバナー

 

「お客様、どうされました?」

心配そうに見守るウェイターに、私は引きつった笑みを返すのがやっと。

Kumi
何でもないです・・ああっ、あ、あ、ああっ~~

 

さっきよりもローターのモーター音が大きくなり、これは絶対にバレてる!! あまりの恥ずかしさに顔が真っ赤になりました。

Kazuya
どうしたの?この席は気に入らないかな。済みません、いちばん向こうの席に替えてもらえますか?

 

広いフロア―の中、Kazuyaさんはずっと遠く離れた席を指さします。静かにグラスを傾けているお客たちの横を通って、あんな遠くまでモーター音を響かせながら歩いていくなんて、もう絶対ムリ!!!・・と思うとローターが止まり、ジイ~ンと熱くなったオマ〇コから愛液がパンティに染みてきました。

「かしこまりました。あちらの席へ、ご案内いたします。」

 

今のうちに早く移動したい・・・

歩き出すとまた、Kazuyaさんがアプリを操作してローターが動き始めました。私は足がガクガク震えて、あふれてきた愛液は素足を伝ってタラりと落ちて行きます。床を汚したらどうしよう・・と焦れば焦るほど、吹き出す愛液は留まるところを知りません。

 

 

やっとの思いで椅子に座ると、Kazuyaさんはローターを止め、ご褒美のカクテルをオーダーしてくれました。

Kazuya
kumikumiはすごくいい女だ。う~んと僕の好みに仕上げてもいい?
Kumi
何をするの?
Kazuya
もっと恥ずかしいことだよ

 

Kazuyaさんは腕時計を見て、笑みを浮かべました。

Kazuya
ちょうど帰宅ラッシュの時間だ。今から2人で電車に乗ろうよ

 

ピンクローターを入れたまま混んだ電車に乗って何をするのか、言われなくたって想像がつきます。

Kumi
無理よ、そんなこと無理!

 

ウィ~~~ン・・・。またローターのスイッチが入り、私はKazuyaさんの言いなりです。

Kazuya
新宿だから小田急線がいいかな
Kumi
は・・い・・・

 

パンティはぐっちょり濡れているのに、履き替えることもできず、このまま満員電車に!?出会い系から発した危険なアバンチュールが加速して、まだまだ長い夜は続いていきます。

 

後編に続く

 

私が使っているサイトはコチラ