メガマックスで早漏卒業エッチ。熟女の歓びは年下に本気で愛されること


エッチなシングルマザーに会いたい
今すぐ体験PCMAX(登録無料・18禁)

人妻だって燃える恋がしたいの
ハッピーメール(登録無料・18禁)

何の用事も入っていない連休。家にいても退屈なので、年下のHarutoくんとデートすることにしました。PCMAXで知り合って、アパートにご飯を作りに行ってあげた19歳の専門学校生です。親子ほど歳の差があるけど、胸キュンしちゃうぐらい、私のことを想ってくれるのが愛おしい。

ただし大きな問題は超早漏なことです。取り寄せておいた早漏防止のメガマックススプレー + メガマックスコンドームを試してもらわなくちゃ。2つのグッズをプレゼント用に可愛くラッピングしました。

 

駅に着くと、「会いたかった~!」といきなり抱きつくHarutoくん。真昼間からこんなオバちゃんと手をつないで平気なの?と思うけど、荷物を持ってくれたり、私を守って車道側を歩いてくれたりと、なかなか頼もしいのです。

アパートに着いたらキッチンに立ち、後ろから抱き着いてくるのをやんわりと「ダメよ」して、ご飯の支度をするのも先日と同じ。若かりし頃、学生時代に通ったボーイフレンドの下宿を思い出しました。

男の子ならきっと大好きなカレーライスを作るのも、経験を積んだ女のテクニック。じゃがいもやニンジンをゴロゴロと入れて、お母さんの味を演出します。

 

Kumi
たくさん作っておいたから、冷蔵庫に入れて明日も食べてね。栄養たっぷりよ
Haruto
ありがとう Kumiは僕の好きなもの、何でも分かっちゃうんだね。 

 

いつの間にか私をKumiと呼び捨てにするようになって、恋人同士っぽくなってきました。食器を洗い終わったら、バッグからプレゼントを取り出して渡します。

Kumi
今日はHarutoくんの役に立つものを持ってきたの。開けてみて。 

 

ラッピングを開けた彼は、不思議そうにスプレーとコンドームの箱を眺めています。

Kumi
それね、Harutoくんのおチンチンに塗るとすご~くイイことがあるのよ。ていうか、私にとってイイことかな 
Haruto
ごめん。僕が早すぎるから、Kumiを満足させてあげられないんだよね・・・

 

しまった! しょんぼりしたHarutoくんは、このままじゃ自信喪失に陥っちゃう!

Kumi
あのね、この間は何回もできて大満足だったわ。でも私って欲深いから、もっと長く、もっといっぱいって思っちゃうのよ 
Haruto
これを使うとKumiが喜ぶんなら、どんどん使っちゃう!早く試そうよ!
Kumi
嬉しいわ ありがとう!

 

パンツを脱いでベッドに入ったHarutoくんは、純真なペットみたい。すでに肉棒は垂直に立って、元気に私を待ってます。

Kumi
ちょっとだけ

 

ピンクに膨らんだ亀頭にキスして舐め下りていくと、すぐにがまん汁が出てきました。

Haruto
キモチいいですぅ・・・イキそう
Kumi
まだダメっ!

 

さっそくメガマックススプレーをシュッシュッ。数分間放置して一旦シャワーで流すそうだけど、このアパートにはバスルームがないので、濡れタオルで拭きました。

Kumi
スプレーだけでもいいんだけど、メガマックスコンドームも一緒に使うと効果がアップするんですって。かぶせるわね

 

箱から銀色のパウチを取り出して開封すると、粘り気のあるローションが垂れてきます。先端以外は全体にイボイボがついていて、これがパートナーに快感を与えてくれるんだとか。Harutoくんのチ〇コに装着しましたが、特に変わった様子はありません。やっぱり入れてみなくちゃね。

Kumi
カーテンを閉めていい?

 

 

真昼間にアラフォーのヌードを見せるのは恥ずかしいので、カーテンを閉めて服を脱ぎ、ベッドに滑り込みました。

Haruto
Kumi、愛してるよ もう待てない!

 

今日はクンニをショートカット。上に乗ったHarutoくんが私の蜜壺をめがけて、カチカチの肉棒を突き立ててきました。ああっ、この瞬間がたまらなくイイっ

根元まで肉棒を迎え入れた瞬間、いつものようにガシガシと腰を動かし始めたので、すぐに射精しないようにストップをかけます。

Kumi
ねえ、体位を変えましょ。私がリードしてあげる

 

女性上位になって、ゆっくりと身体を前後にスライド。うんと股を開き、コリコリと固くなったクリトリスをHarutoくんの恥骨に押し付けて前後運動します。

Haruto
うわ~~っ、イイッ、スゴイッ・・!!
Kumi
まだダメよ

 

コンドームが外れないよう、根元を抑えてチ〇コを引き抜き、しばしクールダウン。いつもなら彼はこの瞬間にも精液を放出しているのだけど、メガマックスの効果かしら、まだイっていません。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX ハッピーメールバナー

 

Haruto
チ〇コがぼわーんとした感じがする・・
Kumi
歯医者さんの麻酔に使う薬が内側に塗ってあるのよ。 Harutoくんは感じすぎちゃうから、ちょっと麻痺させたほうが長持ちするでしょ?
Haruto
入れたい! Kumiに入れたい!

 

いきり立っている肉棒にキスして身体をずり上げ、鍵穴に鍵を差し込むように、陰唇と亀頭とを合わせて腰を沈めました。熱い塊がズブズブッ、メリメリッと奥まで入り込むのと同時に、コンドームのイボイボが秘肉と擦れる刺激はこれまでにない感触・・・。

たまらなくなって、私は腰を回転しながらクリトリスを押し付け、Harutoくんは下から激しく突き上げてきます。

Kumi
ああン!イッちゃいそう!!

 

するとHarutoくんはチ〇コをサッと抜いて自分が上になると、私の股を開いてグチョグチョの花弁を吸い始めました。

Kumi
アッ、アアッ・・・イイ・・もっと・・・イイッ!!!
Haruto
入れていい!?
Kumi
ん、ん、来てっ

 

再び肉棒がグサリと身体の中に埋没して、激しいピストン運動が始まりました。これが若いオスのセックスなんだわ 硬い突き上げに子宮の入り口が破れそうな勢いです。

Haruto
Kumi、出していい!? あ、ダメ、出ちゃうよ!!! ああっーーー!!!

 

まるで私のものじゃないみたいに、チ〇コにからみついていた肉襞がブルブルッと収縮して、耐えきれずに両手でHarutoくんの背にすがりつきました。

Kumi
イクわ!私もイッちゃう~~~

 

一緒に達して、男の身体を上に乗せたまま息を整える時間は、女にとって至福のとき。だんだんと重みが増し、ハッと気付いたHarutoくんがオマ〇コからチ〇コをそうっと抜きました。

コンドームの先端には白濁液が溜まっています。

Kumi
うふ、いっぱい出たわね
Haruto
満足してくれた?
Kumi
すっごく良かった Harutoくん、 大好き

 

それから少しのあいだ一緒に眠って、目が覚めたらもう一戦。終電の時間ギリギリまで、抱き合ってベッドで過ごしました。私はやっぱりこんなノーマルなセックスが好き

歳が離れすぎているHarutoくんとは、普通の恋人同士みたいに大っぴらにデートできないけれど、愛を歓わしている間はただの男と女なのです。

 

Haruto
Kumiと離れたくないよ・・。このまま泊っていって 

 

思わず「うん」って言いそうになったけど、明日は48歳のKazuyaさんと逢う約束をしているので帰らないと・・・。手慣れた大人の男に身体を確かめられたら、他の男とエッチしたのがきっとバレちゃう。出会い系で男をもてあそぶなんて、私って罪な女かも?と思いつつ、女性ホルモンがどんどん活性化していくのを感じています。

 

私が使っているサイトはコチラ