緊縛プレイのご褒美はバカラのペンダントとセクシーなランジェリー(前編)

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX ハッピーメールバナー
Takashi
この間はごめんね。クライアントからの呼び出しが入って、会社に戻りました。つきましてはお詫びを兼ねてまたお誘いしたいのですが、今夜は忙しいですか?

 

キターっ!アルマーニが似合う会社経営者、Tkakashiさんからのメッセージ。 このあいだヒルトン東京のバーラウンジでランチしてるテーブルの下、超ドキドキする前戯をしかけてきたオジサマです。 あのときはストッキングを爪で破られて、股から電線が広がってきたけれど、頭がポーッとしたまま家に戻ったのでした。

Mayu
お会いしたかったです。今夜は空いてます ❤
Takashi
じゃあ六本木でいいかな。東京ミッドタウンのスタバで夜6時に待ってて。
Mayu
はいっ、楽しみにしてます😀

 

あっさりとしたやり取りで約束が完了。連絡先を聞かなかったけれど、必ず来ると信じて、お出かけの支度をします。

シャワーを念入りに浴びて、身に着けたのは薄紫のブラとパンティ。いつかこんな日がくるかもと、ピーチジョンで買っておきました😊? 私にしてはちょっと可愛いすぎるかな。

 

旦那には、最近お友だちになったMayuとお出かけすると嘘のメールをして、大人の街・六本木に向かいます。

ミッドタウンのスタバは、アフター5ともなるとおしゃれな人が多くて、プチプラのワンピースを着てきたことを後悔。でも手持ちの夏服では胸の開きがいちばん大きかったんだもの。

スタバラテを頼んで、Takashiさんが見つけやすい席に座りました。

 

6時を回ったころに「待った?」と、聞き覚えのある声。今日は黒のリネンシャツを着たTakashiさんが、私の顔を覗き込んでいます。

Takashi
出よう。通りに車を置いてあるんだ。

 

小走りに後を付いていくと、おーっ、ベンツじゃないですか。お金を持っていそうな雰囲気が漂ってきます。

 

私が乗り込んだあとドアを閉めて、Takashiさんは運転席へ。「あ、そうだ」とダッシュボードを開けて、小さな箱を取り出しました。

Takashi
この間のお詫び。開けてごらん
Mayu
えっ、いいんですか?

 

入っていたのは、バカラの赤いペンダント。男性からアクセサリーをプレゼントしてもらうなんて、うちの旦那は絶対になかったわ。すっごく嬉しい🤩

 

Takashi
つけてあげるよ。その白いワンピースにちょうど合いそうだ。
Mayu
ありがとう💕 こんなステキなペンダントをいただけるんだったら、もっと高いワンピを着てくればよかったわ😓
Takashi
そうなの? とても似合ってるけど
Mayu
私、普通の専業主婦だからブランドものとか買えないんです
Takashi
そうか。じゃ、次に会ったときは服をプレゼントしようね。好きなブランドはどこ?
Mayu
シャネルに憧れてるけど、高くて無理。今日のワンピはzaraなの。
Takashi
zara、いいじゃない。リーズナブルな値段でトレンドを捉えているし、mayumayuみたいにスタイルのいい子には似合うと思うよ
Takashi
すごーい、Takasiさん詳しいのね😊
Takashi
高校生の娘の受け売りだよ😄 よく買い物に引っ張り回されるんだ、表参道とか六本木ヒルズとか
Mayu
あら、知らない女とデートしてるのが見つかっちゃったらタイヘンですね😮
Takashi
そういうときは口止めに、ヴィトンのバッグあたりを要求されるけどね(笑)
Mayu
いいなあ、私もそんなパパ欲しい!! あっ、あっ、変な意味じゃないですからね🙅
Takashi
僕は君のパパと言うよりは、恋人になりたいけどな

 

Takashiさんは片手でハンドルを回しながら、もう片方の手が私の太ももの上に乗っていました。

車は渋滞した六本木交差点を抜けて飯倉片町へ。ロシア大使館の脇を通り、細い路地へと入っていきます。

 

Takashi
食事の前に、ちょっと寄りたいところがあるんだ。大丈夫かな、まだお腹空いてない?
Mayu
平気です
Takashi
後でアメリカンクラブに連れてってあげるね。あそこのローストビーフは、なかなか旨いんだ

 

レンガ造りの古いビルの駐車場に車を止めて、Takashiさんは助手席側に回り、私のドアを開けました。

アルファインって聞いたことがある! 値段が高くて有名な、老舗のSMラブホだわ。もしかして彼ってそういう趣味?😱😱😱

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX ハッピーメールバナー

 

Takashiさんは慣れた様子でチェックインを済ませ、薄暗い廊下の奥にある部屋番号を確かめ、鍵を開けます。

中に入ってビックリ。ベッドの手前に産婦人科の診察台みたいな椅子(真っ赤な革張り)があって、壁には調教道具らしきものが下がってる!!

私はSMの趣味はないけれど、その手のグッズは写真やレディコミで見たことがあります。

Takashi
これに着替えて。僕の目の前で・・・

 

手渡されたのは黒いレースのランジェリー。ガーターベルトなんて付けたことないし、このパンティ、毛がスケスケだわ!!!

着替えたら私、あの調教器具で痛いことされちゃうの? てか、子どもっぽすぎたピーチジョンの下着を見られるのが恥ずかしいかも。

さりげなく後ろに回ったTakashiさんが、首筋にキスしながらワンピースのファスナーを下ろします。

こんなに早くエッチするときが来たなんて・・・😣 今だったら帰れる? もう間に合わない? どうしよう、どうしよう・・・・・

 

後編に続く

私が使っているサイトはコチラ