アノ日なのにバックから受け入れた上野のホテル

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX ハッピーメールバナー

金曜日の14時に上野。ハッピーメールで知り合ったクリエイティブディレクターのTaroさんと、駅ナカのカフェで待ち合わせです。

でも私、今朝からアレになっちゃったの

まだ3~4日先のはずなのに、夕べTakashiさんにバイブで放置プレイをされたせいか、アソコの刺激が強すぎて早まってしまいました。

断りのメッセージを入れても良かったんだけど、メールHした相手がどんな人なのか気になる~

顔だけ見て、今日はゴメンナサイする気でやって来たのです。

 

 

本を開いて、いちばん端の席に座っているTaroさんは、見てすぐにわかりました。髪を後ろで結んでいて、業界人っぽい雰囲気。声をかけると静かに顔を上げます。

Taro
あ、どうも
Mayu
はじめまして
Taro
・・・
Mayu
あの、私って、想像してた雰囲気と違います?
Taro
いや、思っていた以上に好みです。その節、映画館ではどうも(笑) バーチャルなデート、楽しかったです

 

好みなんて言われちゃうと、女はすっごく嬉しい。でもメールHした感想は、照れくさくて言葉にできません。

 

Taro
今日は続きができる?
Mayu
あの、それが・・残念ながら・・・

 

アレが来ちゃったことを正直に打ち明けると、Taroさんは「ふうん」とうなずきました。がっかりして帰っちゃうのかな。でも違った。

Taro
僕、こういう者です

 

個人事業主をしているという会社の名刺を差し出して、簡単な自己紹介。イベント企画や広告関係の仕事をしているんだそうです。話しているうちにだんだんと打ち解けて、見た目の冷たいイメージが遠のきました。

Mayu
ごめんなさい。せっかく逢えたのに、ダメになっちゃって
Taro
アッチはしなくてもいいんだ。mayumayuは見ててくれたらいいよ
Mayu
見るって、何を?
Taro
交差点の向こうのシティホテルをデイユースで押さえてある。これから2時間ぐらい大丈夫かな ?

 

危険なことは絶対にしないというTaroさんの目を信じて、カードキーを持っているホテルの部屋に行くことになりました。お互い既婚者なことは報告済みだし、名刺も見せてくれたしね。

 

フロントの脇を通ってエレベーターに乗ると、いきなり抱きすくめられてディープキス

腰を抱かれて部屋に入ると、セミダブルベッドの上に押し倒されました。キスしながらスカートを脱がされて、パンティに手がかかります。私は腰をよじらせて、これ以上進まないように抵抗しました。

 

 

Mayu
だから、ダメなの。今日はできないの
Taro
僕は構わないけど・・
Mayu
シーツを汚しちゃうし、最初からこれだとイヤなの

 

何度も手を押しやっていると、Taroさんはフーッと溜息をついて、自らズボンのファスナーを下ろします。

Taro
mayumayuは手とお口を貸して。もうこんなに大きくなって、我慢できないんだ・・・。脱がしてくれる?

 

紺色のビキニブリーフを突き上げるように立っているソレが、ピクリと動きました。巻き取るように布に手をかけて下ろすと、青筋が立った肉棒がピンと跳ね上がります。

Taro
舐めて
Mayu
うん。でもその前に・・

 

私はブラウスを脱いで、ブラを外し、上半身だけ裸になりました。

Taroさんの顔に乳房を押し当てると、ピチャピチャチュパチュパと乳首を吸う音が下から聞こえてきます。

舐められて唾だらけになった乳房を擦り付けて、だんだん下にずらしながら、彼の小さな乳首を噛みました。

 

Taro
あ・・あ・・・

 

ふふ、身もだえてる

彼の身体じゅうにチョロチョロと舌を動かして、片手はベッドに突っ張り、もう片手は肉茎を握ります。

ゆっくりとしごくと赤剥けた雁首が充血して、先から透明な汁が少し流れました。

私は根元から舌を這わせて、チュッチュッとキスしながら、裏べりにそって唇をずらしていきます。

肉球を片方ずつ口に含んで転がし、指先は蟻の戸渡りを行ったり来たり。そしておもむろに亀頭からズボッと喉の奥にまで肉茎を含んで、激しく頭を上下に動かしました。

Taro
ああ、いい・・いいよ・・すごくいい・・

 

腰を浮かせたTaroさんは、パンパンに張った太い幹をますます深く、私の口の中に押し入れてきます。

Mayu
ジュル。うぐぐ・・
Taro
出そう。イっていい?
Mayu
う・・う・・

 

来る~と思ったその瞬間、Taroさんは肉茎をサッと抜いて起き上がり、私の手を引いてバスルームに連れて行きました。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX ハッピーメールバナー

 

Taro
バスタブに手を付いて

 

もう、どうでもいいわ。パンティを床に落とし、お尻を後ろに付きだして、膨れ上がった桃色のヒダヒダを彼に見せて誘い込みます。

ムギューッと入ってきた肉茎は、さっきよりもっと大きくなっているみたい。両手で私の腰を掴んで、下腹部をバンバンと突き当てると、火のような塊が子宮の入り口をこじ開けようとするのです。

苦しい・・そして切ない気持ちよさ・・・。膣の中がぶるぶると震えて、彼の肉茎を締め上げます。

Taro
ああ、出すよ、出す
Mayu
欲しい、いっぱいちょうだい🔥🔥

 

熱い射液が噴き出して、私のなかに充満していく感じがたまらなく愛おしい💕

しばらく時間が止まっていたあと、彼がゆっくりと陰茎を抜くと、白と赤とが入り混じった液体がバスルームの床にポトポト垂れました。

 

Taro
ごめん、中に出しちゃった
Mayu
ううん、いいの。絶対に大丈夫な日だから、むしろ良かったかも

 

その後は抱き合いながらシャワーを浴びて、床に脱ぎ散らした服を着ると、デイユースのチェックアウト時刻。何事もなかったかのように外に出ました。

 

 

Mayu
日が暮れるのが早くなったね。おうちに帰る?
Taro
僕は一旦、仕事に戻らないと
Mayu
私は買い物して、食事の支度

 

仕事を終えて駅に向かう人たちにまぎれ、私たちは軽く片手を振ってバイバイしました。

また会うのかな、それとも一回こっきりかな。

昨日から続けざまに2人の男性とエッチなことをして、私って自分が思う以上に淫乱かもしれません。

まだ火照っているアソコをキュンキュンさせているのを、電車の中で勘のいい男に気付かれそう。誰かに身体を密着させたくなる衝動を抑えながら帰りました。

私が使っているサイトはコチラ

テキストのコピーはできません。